特長ご紹介ご依頼について製品ご紹介ソフトウェアダウンロード会社概要

アンケート集計統合ツール「畦道V2」

アンケート集計ツール「Excel集計 畦道V2」は、アンケート入力、および集計作業を便利に、簡単に行うためのツールです。
Microsoft Excel 2000/2002/2003(以下「Excel」 と称す)で動作します。 ダウンロードはこちらから(ベクターのサイトへリンクします。)

【作品紹介】

【ソフト名】 アンケート集計ツール「畦道V2」 Version 2.1.3c
【著作権者】 テクノファイブ株式会社
【対応バージョン】 Microsoft Excel 2000/2002/2003
【掲載日】 2007/09/24
【作成方法】 解凍後適当なフォルダに配置して Excel で開く
【種別】 シェアウエア 9,450円(消費税込)
【サポート】 Q&Aサイト
【転載条件】 別途登録の「畦道V2マニュアル」をご覧ください。

 


【ダウンロード】

ベクターのサイトよりダウンロードできます。

    アンケート集計ツール「畦道V2」 Ver2.1.3c Excel 2000/2002/2003 対応(668KB) 9,450円(税込)
    アンケート集計ツール「畦道V2」 マニュアル Ver.2.1.3 PDF形式(3.7MB) フリードキュメント

 


【主な機能】

  • 簡単に設問設定することができます。
  • 設問一覧表を自動的に作成できます。
  • アンケート用紙を高速に入力(手入力)するためのフォームを提供します。
  • 単数回答(SA)、複数回答(MA)、数量回答(IN)の入力と集計ができます。
  • 自由回答(FA)が入力できます(集計はできません)。
  • 数量回答⇔単数回答 の変換が相互に行えます。
  • 単数回答⇔複数回答 の変換が相互に行えます。
  • 複数回答⇒数量回答 の変換が行えます。
  • 入力データを独自の機能で単純集計し、件数と割合を算出することができます。
    集計結果は不明を除いたもの、非該当を除いたものを算出することができます。
  • 単純集計結果は自動的に、任意の紙のサイズで折り返すように出力されます。
  • 数量回答の単純集計は、合計、平均、最大値、最小値、標準偏差が出力されます。
    また、自動的に単数回答(SA)に変換し、件数と割合を出力します。
  • 単数回答に対して、階級値を設定して加重平均を求めることができます。
  • 入力データを独自の機能でクロス集計することができます。クロス集計を行う項目は自由に選択できます。
    3次元クロス集計にも対応しています。
  • 数量回答をクロス集計の項目として利用できます。合計や平均、最大値や最小値、標準偏差などが算出できます。
  • 数量回答に対して、カテゴリ別集計を行うことができます。合計や平均、最大値や最小値、標準偏差などが算出できます。
  • 社会情報サービス社のアンケート集計ソフト「秀吉」とデータの相互交換ができます。
  • 畦道で作成したアンケートデータを、秀吉で読める形式で出力できます。
  • 別途公開予定のアンケート集計グラフ作成ツール「蓮華V2」と連携して、説得力のあるグラフを作成することができます。


また、入力、集計を簡単に行える以下の特長があります。

  • データ入力時にデータの整合性を自動的にチェックします。
  • ある設問への回答に対して、別の設問の回答との重複を禁止できます。
  • ある設問への回答に対して、別の設問の回答との重複を強制できます。
  • 回答に対して該当チェックをすることができます。
  • 入力したデータを見やすい形で一覧表示させることができます。
  • 条件にマッチしたアンケートサンプルを抽出することができます。
    入力チェックが簡単に行えるほか、多次元のクロス集計が可能になるなど大変便利です。
  • 日本語入力IMEのON/OFFの制御を自動的に行います。
  • Excel の機能を殺していないので、集計結果を Excel の機能を使って自由に加工することができます。
    特にExcelの機能を使ってグラフを作成することができますので、報告書が簡単に作成できます。

 


【機動方法】

「畦道V2」を使うには、ファイル「畦道V2.xla」を通常のブックと同じように開いてください。
「畦道V2」を頻繁に利用するのであれば、Excelのアドインに登録することをおすすめします。登録の方法は別途登録の「畦道V2マニュアル」に記載されています。

 


【ライセンスについて】

「畦道V2」はシェアウエアです。継続利用される方は、登録が必要です。 金額は 9,450円 です(消費税込)。
登録はベクター シェアレジ(クレジットカード、デビット、コンビニエンスストアでの支払い)または、銀行振込にて承ります。 登録方法について、詳しくはこちらを御覧下さい。
「畦道」のユーザの方からのアップグレードパスは用意されていません。ご了承ください。

●ベクターシェアレジでのお支払い

    アンケート集計ツール「畦道V2」 Ver2.1.3c Excel 2000/2002/2003 対応 9,450円(税込)

 

●銀行振込でのお支払い

銀行振込によって送金される場合の振込先はこちらです。誠に恐縮ですが、銀行振込の振り込み手数料はご負担ください。
また、振込が完了した時点でお支払完了ご連絡フォームにてお知らせください。

 

●ライセンスの登録方法

試用解除するためには、登録番号を「畦道V2」に入力しなければなりません。 登録番号はPC毎に異なります。また、「蓮華」、「田園」の登録番号とも異なります。 あなた専用の登録番号を生成するためには、PCの固有番号が必要です。PCの固有番号を確認するためには、「畦道V2」-「畦道V2について」メニューを選択してください。未登録の場合は、ウインドウ上にあなたのPCの固有番号が表示されます。 その固有番号を弊社までご連絡いただきますと、専用の登録番号を生成し、お伝えいたします。
「畦道V2」のライセンスの概念に関しては、「畦道V2マニュアル」をご覧ください。

 


【マニュアルについて】

マニュアルはPDF形式によって作成されています。「畦道V2」をご利用になる場合は必ずこのマニュアルを読んで、操作方法をご理解ください。
「畦道V2」には、オンラインヘルプがありません。詳細なマニュアル(PDF形式)を別途登録しておりますので、必ず一緒にダウンロードしてください。
本ドキュメントは、印刷時には約200ページに及びます。取り扱いには注意して下さい。(両面印刷をすることにより最適な製本が可能になるように作成されています。そのため章と章との間に無駄な空白ページが存在することがあります。)
本マニュアルは、フリードキュメントです。改編しない限り、自由に配布してかまいません。

マニュアルをご覧頂くには、Adobe社の Adobe Reader(無償)が必要です。
右のアイコンをクリックして、Adobe Reader をダウンロードしてください。




【バージョンアップ情報】

Ver. No. 日付 バージョンアップ内容
2.0.0 2006/1/19  初公開
2.0.1 2006/1/30 オープニング画面を作成

単純集計結果に”非該当:###”や“不明:###”と件数表示する機能を追加

単純集計結果の「単純集計」シートにおいて、数量回答設問(IN)設問を自動的にカテゴリー数10個の単数回答(SA)に変換する機能を追加

クロス集計において、表側のタイトル表示はすべて次のように変更する。
   「合計」「全体」「不明」「非該当」・・・中央寄せ
   カテゴリー ・・・ 左寄せ

単純集計結果の「単純集計」シートにおいて、集計方法により、全ての設問項目ごとに、設問項目の後部に(非該当を除く)や(不明・非該当を除く)が付加されるのを、“非該当を除く”は該当チェックのかかった設問のみにする。

単純集計の標準偏差の算出表示を、数量設問(IN)のみに変更

単純集計やクロス集計のデフォルト値を変更

単純集計結果の「単純集計」シートにおいて、“見出し”の文字を削除

「秀吉→畦道」のデータ変換をして出来る「ソースデータ」シートの文字配置を修正

単純集計結果の「単純集計」シートにおいて、複数回答設問(MA)の全体の%値は、100.0 に

「IN→SA 設定表作成」において、複数項目の設定をすると、「IN→SA 実行」結果が正常でない不具合を修正

「MA→SA(Y/N) 設定表作成」において、カテゴリー削除(行削除)して「MA→SA(Y/N) 実行」すると誤作動する不具合を修正

「サンプル抽出」メニューをわかりやすく修正

クロス集計において、「非該当を除く」や「不明・非該当を除く」で処理した場合に、サンプル数が追随しない不具合を修正

「データ入力・操作」-「MA 回答最大数確認」を実行すると、最終設問がMAの場合重複(2列)表示される不具合を修正
2.0.2 2006/2/1 クロス集計結果に”非該当:###”や“不明:###”と件数表示する機能を追加

数量クロスにおいて、標準偏差を算出するための「E」という文字を追加。
  E・・・非バイアス法で標準偏差を算出する
  D・・・バイアス法で標準偏差を算出する
ように仕様変更。これに伴って、ダイアログボックスの「標準偏差算出」チェックをなくす

クロス集計の標準偏差の算出表示を、数量設問(IN)のみに変更

「データ入力・操作」-「MA 回答最大数確認」を実行すると、最後の設問がMAだった場合2列表示されてしまう不具合を修正

「データ加工」-「MA→SA(回答数)設定表」で作成される設定表の説明文を修正

「データ加工」-「MA→IN(選択肢)設定表」で作成される設定表の説明文を修正

単純集計の数量設問を、10 分割した集計結果のカテゴリー数の表示は、1ではなく10 が正しいので、10 に修正

単純集計完了時、クロス集計完了時にメッセージを出すよう修正
2.0.3 2006/2/11 クロス集計結果の”非該当:###”や“不明:###”の表示がおかしくなるのを修正

カテゴリー別数量集計の、行方向の「不明」「非該当」
表側の「不明を除く」「非該当を除く」に連動させず、
  「不明」は必ず表示する
  「非該当」は数量回答の該当チェックに依存という仕様に変更

クロス集計の標準偏差の算出表示を、数量設問(IN)のみに変更

割合を算出しない標準偏差の結果表示の不具合を修正

その他、細かい表示の変更
2.0.4 2006/2/19 クロス集計結果が格納されるブックに「クロス集計項目表」をコピーするように修正

単純集計において、「不明・非該当を含む」設定で集計した時に数量回答(IN)の集計結果がおかしくなる不具合を修正

その他、細かい表示の変更
2.0.5 2006/3/20 単純集計の「ランキング順並べ替え」に「並べ替え除外カテゴリー」が設定できるよう機能追加

「不明」「非該当」に相当するカテゴリー名称の変更を記録できるように修正

その他、細かい不具合の修正
2.1.0 2006/8/17 「秀吉」で集計済みのCSVデータを「畦道V2」形式に変換する機能を追加

クロス集計時の「合計」と「全体」の表記を逆に変更

単純集計表のレイアウトを一部修正

「クロス集計項目表」に何も設定していない状態で「クロス集計」を実行するとエラーになる不具合を修正

単純集計時、有効回答が0件だったらエラーになる不具合を修正

単純集計において「印刷時ページをはみ出さないように折り返す」設定をしたときに、折り返し位置がおかしくなる不具合を修正

「単純集計用シート作成」において、設問と選択肢の数からシートの枚数を割り出す機能に不具合があったのを修正
2.1.1 2006/9/10 「データ入力」シートのO列の文字が青いのを修正

単純集計において「印刷時ページをはみ出さないように折り返す」設定をしたときに、折り返し位置がおかしくなる不具合を再修正

「田園V2」Version 2.1.1 に対応 「田園V2」と共存できないようにした
2.1.2 2006/10/16 「単純集計」-「専用シート作成」の実行速度を向上

「クロス集計」-「専用シート作成」の実行速度を向上

選択肢の最大数を240に減らす
2.1.2a 2006/10/29 「データ入力」シートのO列の文字が青いのを再度修正
2.1.3 2007/2/18 単純集計、クロス集計時に、それぞれ一覧表を作成するようにした

「カテゴリー削除」のメニューと動作を変更
2.1.3a 2007/2/21 「田園V2」Version 2.1.3 に対応
2.1.3b 2007/7/10 「クロス集計一覧表」に <形態> が表示されていなかった不具合を修正
2.1.3c 2007/9/24 Windows Vista に完全対応

「IN→SA変換」にて、小数がうまく変換できなかった不具合を修正

 


●著作権について

著作権、販売権などはすべてテクノファイブ株式会社に帰属します。

サイトに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。